早川家住宅

早川家住宅

国指定重要文化財「早川家住宅」

漁業関係の住宅で国の重要文化財建造物は、全国で二ヶ所しかありません。鯨組の建造物としては全国で一つだけです。

早川家は中世には後根と称し、この地域を支配した土豪でしたが、毛利氏の時代には通浦の庄屋役を務めていました。 文禄・慶長の役には毛利軍麾下の吉見長次郎の船頭として功績があり、 早川姓を賜りました。以後通鯨組の創業に貢献著しく、代々網頭や浦方役人として活躍した家柄です。
この住宅はもと網頭で回船業も営んだ黒川家のもので、天明五年(1785) の通浦大火で類焼した早川家が買い取って移り住み現在に至ったものです。

住宅は様式手法の上から18世紀後半の建築と見られ、土蔵造りの一部二階で、 南妻入母屋、北妻切妻造りの本瓦葺になっています。梁間三間半、全面に短い庇、背面は下屋根二間を葺き下ろし、 町家に似た平面で桁行七間弱の北側二間余を通り土間とし、上手床上部は二列に各三室ずつを縦に配しています。 土間部分は太い牛梁を四丁架け渡し、上に和小屋を組み桁行には貫を通していません。 床上部のうち上手三室は面皮の長押をつけ、奥座敷には床、違い棚を設けています。 奥座敷の次は一間通りの仏間とし、上手に造りつけの仏壇を構えています。
意匠には豪放なところがあり、 漁家の住居にふさわしい雰囲気があり、全国的にもまれな漁家の遺構として貴重であります。