露艦戦士の墓
露艦戦士の墓-明治38年(1905)5月28日対馬海峡通過のロシア・バルチック艦隊を東郷長官の率いる日本連合艦隊が迎え撃った。戦死したロシア兵士の遺体が大越の浜にあがった。 現在の墓は昭和43年(1968)浦の有志で建立された。
サムネイル一覧へ戻る