みすゞの父誕生地
金子みすゞの父庄之助生誕地-金子みすゞの父庄之助は、明治7年石津助四郎の四男として生まれ、結婚後金子姓を名乗り明治39年、金子みすゞが2歳の時に31歳で死亡しました。 金子みすゞは、仙崎で生まれ育ちましたが、父の実家の通に度々足を運び、「かたばみ」「浦の神輿」「祭りのあくる日」などは詩の内容、 言葉遣いから通のことを詠んだのではないかと思われます。
サムネイル一覧へ戻る