二世安楽地蔵尊
二世安楽地蔵尊-造立年月日は、延享元年(1744)に当初清月庵(観音堂)の裏手にあったが、 平成17年4月に、御堂の敷地内に移された。銘文の「西国33所」は普通、観音霊場を指す。信仰の篤い講中が、 無事に33所の巡礼を終えた証としての造立と思われる。
サムネイル一覧へ戻る