通の魚たち

ケンサキイカ 標準和名ケンサキイカ(通地区での呼び名・あかいか) 年間を通して漁獲され最盛期は夏から秋にかけてで、通地区の漁船の多数が このイカをメインターゲットとしている。漁法は一本釣りで、近年では活イカとして 活かしたイカを出荷している。ケンサキイカと言えば佐賀県の呼子が有名だが 通地区をはじめとした山口県日本海側は隠れた名産地だったりする。 主な操業場所は青海島周辺、相島周辺、見島近辺、川尻周辺。 春から初夏にかけて産卵のため大型のイカが沿岸に集まる。
ヤリイカ 標準和名ヤリイカ(通地区での呼び名・やせいか) 冬季になると産卵のため沿岸に回遊してくるイカで、夏季には姿がみられない。 このイカもケンサキイカのように活イカとして活かしたまま出荷されています。 漁法は主に夜間の一本釣りだが稀に群れが水面近くまで浮上することがあり この群れを玉網ですくいとることが出来る。漁師にとって大漁ラッキーイベントである。
スルメイカ 標準和名スルメイカ(通地区での呼び名・いきり) イカ釣り漁業といえば一般的にこのスルメイカを連想すると思うが、通地区では 漁獲のターゲットとしてあまり相手にされていない。なぜか? それは市場価値が低いからである。このイカは仕掛けに掛かったケンサキイカに 噛み付きキズモノにしてしまうため漁師に嫌われている。 また水鉄砲の名人でもあり人の顔めがけて海水を吹きかけてくるので 寒い冬にずぶ濡れにされることがあり、やはりコイツは嫌われるのである。
アオリイカ 標準和名アオリイカ(通地区での呼び名・みずいか) 主に小型漁船で漁獲される。書籍などでイカ類中で最も美味と評価されているが 地元での市場価値は低い。漁法はイカ餌木と呼ばれるエビや小魚を模した 疑似餌を使用し、船を微速前進させながらイカ餌木を引っ張りイカを誘う。 近年では「エギング」と呼ばれる釣方が釣り人の間で流行しており、通地区の 漁港でアオリイカを狙う人をよく見かける。
マハタ 標準和名マハタ(通地区での呼び名・たかば) 主にはえ縄で漁獲される。このハタ類の仲間にクエ(あら)・キジハタ(わかみず) ・アオハタ(あおな)などが漁獲され、この種類の魚は高級魚として市場取引され ている。クエは大型になる魚ではえ縄漁具もハリスにワイヤーを使うなどかなり頑丈な 仕掛けとなる。鍋の材料で有名。キジハタは関西地方で高級魚として珍重され 最近では稚魚の放流も行われている。
アヤメカサゴ 標準和名アヤメカサゴ(通地区での呼び名・ぼてこ) 主にはえ縄で漁獲される。カサゴ・ウッカリカサゴ(カサゴより大型になり沖合い で漁獲されるため「おきぼて」とも呼ばれている。)・イズカサゴなどの仲間がいる。 「通」ではカサゴ類は昔からおいしい魚として珍重されてきたが20年ぐらい昔の 魚関係の書籍では不味と記載されている場合があり、近年になり再評価され おいしい魚として認知された歴史がある。
マダイ 標準和名マダイ(通地区での呼び名・たい) 主にはえ縄・一本釣りで漁獲される。キダイ(れんこ)・チダイ(ちこ)などの 仲間がいる。高級魚のイメージがつよいが最近では養殖と輸入による 供給過剰で天然モノですら安くなってしまった。国産天然モノのタイを食べるなら 今がチャンス!さあ食いまくれ。
アジ 標準和名マアジ(通地区での呼び名・あじ) 一本釣りで漁獲される。回遊せず瀬に定住する「瀬つきアジ」がおり、特徴は 回遊型のアジに比べ背中の体色が黄色で外観も回遊型より丸みをおびている。 当然、食味も段違いでありこの「瀬つきアジ」は「萩の瀬つきアジ」として ブランド化されている。
イサキ 標準和名イサキ(通地区での呼び名・いさき) 一本釣りで漁獲される。中国からも輸入されているが最近、中国産のイサキ から寄生虫の「アニサキス」が発見されたことがあるが通漁港で水揚げされる イサキで虫に感染された事例はない。イサキを食べるなら国産にかぎる。 寄生虫以外でも最近の中国は近代化による化学工業の拡大をしたはいいが 環境汚染対策をロクに行っておらず、工業排水をたれ流して川や海がカラフルな 色になっている。そんな場所で獲れた魚など恐ろしくて食えたモンじゃない。 魚だけでなく野菜も農薬漬け問題があり、良心的な野菜輸入業者は 中国から撤退しベトナムなどの他国へシフトしているが 魚介類輸入業者は?・・・・・(中国からの食品輸入の問題点についてはwebで検索すると結構見つかります。)